産後のバストの下垂についての悩み

私は胸が大きいほうなので、若いうちから将来垂れて醜いバストになってしまうのではないかと怯えていました。お笑い番組でおばあちゃん役の芸人さんが、しわしわの垂れた胸をつけているのを目にして、自分の胸もおばあちゃんになるころにはああなっているのかもしれない、と今でも戦々恐々としています。

最近では、若いころと比べると明らかに胸の張りがなくなり、下垂してきたなと感じます。加齢のよるものもあると思いますが、私の場合、30代に入ってから立て続けに2人の子供を出産し、どちらの子供もほぼ母乳で育てていたので、その影響も大きいと思います。授乳をしていた期間は、母乳によって胸も張っていたので、まったく垂れる感じはせず、形のよいバストだったと思います。ところが、授乳が終わり母乳が作られなくなると、とたんに胸の張りが失われて垂れてきました。授乳中にパンパンに張っていたので、余計に垂れやくすなっていたように思います。

お風呂に入っているとき、鏡で自分の体形を見ると、若いころとくらべていろいろなところにたるみが出ていて、残念な気持ちになります。まだコントのおばあちゃんのような伸びきったバストにはなっていませんが、将来少しでも垂れかたがマシでありますように、なんとかブラジャーで支えたり、良い姿勢を心がけるようにしていきたいです。

バストをよく見せることができる下着など

最近基本的には女性のスタイルというのはものすごく良くなってきています。これは渾然たる事実であり基本的には絶対に昔の人よりもいわゆるスタイルのいい女性というのは増えているようです。

栄養をしっかりと摂るようになったということもありますのでバストの大きさなども大きくなってきているということがそれなりの統計データで判明していることではあるのですが、それ以上に矯正下着というのがものすごく優秀になっています。

つまりはバストの形を整えたりとかあるいはそんなに大きくないのにも関わらず大きく見せることができる下着みたいのが結構一般的になってきているということです。ですから、そういうところで悩んでいたりするのであれば、まずは矯正下着というのを探してみると良いでしょう。

悪影響があるということは絶対にありえないのでそういう意味において極めて有効的に自分のスタイルというのをよくするという方向に持っていくことができるようになります。矯正下着ですが当然ながら自分のスタイルに合うものというのがあるわけでできれば専門店に入って計ってもらって、選ぶようにしたほうがよいでしょう。まずはよい専門店を見つけることからにしましょう。

固い胸がコンプレックス!柔らかくなる方法は?

柔らかい、ふっくらした胸は女性にとっては永遠の憧れです。

どうせなら、硬いよりはマシュマロのように柔らかい方がいいですよね。

実は、硬い胸の原因は、肩こりや血行不良が原因なんです。

血行不良になると肩や肩甲骨が硬くなってしまうのと同じように、同じ原因により胸も硬くなってしまいます。

それではなぜ血行不良になるのかと言うと、姿勢の悪さやブラジャーによる過度な締め付け、運動不足なのです。

現代はパソコンが発達していて、座って仕事をすることが多くなりました。そのせいで運動をあまりしなくなったり、姿勢の悪さに気づかず悪化してしまったりすることが多くなっています。

硬い胸を柔らかくするためには、ブラジャーをあまりきつく締めすぎず、姿勢を正し、適度な運動をすることが大切です。

また、バストマッサージ用のクリームを使ってマッサージをすることも対策の一つです。

クリームを使わずにマッサージをしてしまうと、摩擦により皮膚が傷ついてしまったり、期待以上の効果が出なかったりします。しっかりクリームをつけてマッサージをし、たまった血行やリンパを流しましょう。そして肩こりを治すついでに、みんなが憧れるふわふわなバストをゲットしましょう!