何かを得れば何かを失う。。。

今年で40歳になり、不惑の時代に突入しました。ギャル男(死語)に扮し青春を謳歌していた時がつい先日の事のように思い出されます。当時は何事もやりすぎが正義といいますかスゴいといいますか。。。とにかく日焼けサロンに通いまくり、黒さをアピールすることでアイデンティティを保っていましたが、あれから20年。肌はシミだらけになり、加えて元々の乾燥肌でシワが目立つようにもなり、遠目で見ると干物のようになってしまいました。

http://www.farandularestaurante.com/

ちなみにそれは痩せてる時の話で、年齢とともに代謝が悪くなったせいで肥満と痩せを繰り返すようになりました。不幸中の幸いなのは太っている周期の時はやはり栄養過多のおかげか肌ツヤが見違えるように輝きます。ただ顔がパンパンに張って脂が分泌してるだけという説も否定できませんが、その肌ツヤのおかげで実年齢よりも若く見られることもありますので、気を良くした私は食欲リミッターを解除し猛進します。

しかし好事魔多し。健康診断で再検査となり、メタボ指導が入ったので減量を余儀なくされます。ただ、一つのことに夢中になりやすい私はダイエットも難なくクリアし、今度は筋トレにより息吹を上げた自身のマッチョ姿にハマり邁進。ナルシストのごとく自分の裸を見る機会も増えましたが、そこで気になるのはやはり当時の負の遺産であるシミシワたちです。

痩せるとやはり目立って見えるのです。サラリーマンの限られた給料(家での限られた小遣いともいいますが)でマッチョと美肌両方を成り立たせることはできるのか。人生のように身体も何かを得れば何かを失うようにできているのか。パン1姿で日々自問自答です。